注入治療に挑戦しよう【人気のある小顔矯正治療のひとつ】

サイトメニュー

治療の種類

顔に触れる女性

悩みの数だけ方法がある

美容外科で行なう小顔矯正治療は大きく分けると2種類あります。骨を削ったり脂肪を吸引したりするような外科手術と、ヒアルロン酸注射やボトックス注射などの注射を行なう治療方法です。一言で小顔矯正と言っても、顔の形やバランスによってアプローチの仕方は様々です。外科手術は骨格など先天的な要因で自力ではなんともしがたい悩みを解決する際に用いられることが多いです。注射による治療は入院の必要がないため気軽に受けられ、体への負担も少ないのが特徴となります。患者自身が悩んでいる原因がどこにあるのかや、どんな顔になりたいかの理想像によって適する治療方法が変わります。例えばボトックス注射は筋肉に作用させる治療法ですので、筋肉がまったく関係のない悩みだと小顔の効果は得られません。輪郭や顔のパーツのバランスによって本当はもともと小顔なのに大きく見えてしまっている人もいます。その場合はヒアルロン酸注射や脂肪注入などでバランスを整えることで解決できます。悩みによって解決策は多種多様、十人十色です。ですので、治療の前には担当医とのカウンセリングが行なわれ、専門的な視点でいくつかの治療方法が提案されます。予算や不安点など患者自身の要望も踏まえて、一番適した治療方法を患者自身が決定します。小顔矯正治療の方法を決断する際、事前に要望を細かく伝えることが重要です。不安点や疑問点を全部解決することや、どんな風に矯正したいのか、理想像を具体的に担当医に伝えましょう。また、予算が決まっている場合はそちらも伝えておくのがおすすめです。小顔矯正治療はほとんどが自費治療ですので、費用が掛かる治療方法もあります。無理をしてまで高い金額の治療を選択する必要はなく、上限額を伝えるとそれに見合った金額の施術プランを担当医が提案してくれるでしょう。もちろん、値段のする治療方法はそのぶん質の良い施術を受けられることになるので、自分の中で優先順位を決めておくと後のトラブルを回避できます。ここで担当医がどのくらいの治療方法を提案してくれるかは、クリニックの設備や担当医の経験によるところが大きいです。受診するクリニックを選択する段階で、ホームページや口コミなどの確認をしておくとよいでしょう。このカウンセリングで決定したことがそのまま治療計画の基盤となっていきます。治療後の姿が期待外れだった、ということがないように、担当医との信頼関係をしっかりと築いて着地点を共有しておきましょう。また、カウンセリング中に腑に落ちない点があった場合はセカンドオピニオンも可能です。いろんなクリニックと比較して、納得の上での治療を開始しましょう。