注入治療に挑戦しよう【人気のある小顔矯正治療のひとつ】

サイトメニュー

治療法の増加

ボディ

需要が高まっています

美容外科で受ける小顔矯正治療はメスを入れるような手術を連想させますが、今は治療方法のバリエーションも増えて気軽に行えるようになってきました。今でも外科的な治療法はありますが、日帰りでできる治療も出てきたことで小顔矯正治療の需要が高まってきています。中でもヒアルロン酸注射やボトックス注射などの人気が高いです。どちらも数十分の施術で入院も不要、ダウンタイムも少ないお手軽な整形方法です。実際に施術を受けられるかどうかは医師が顔の形状や状態を診て判断します。どちらにも治療に適性があるためで、ヒアルロン酸注射はアゴや鼻などにヒアルロン酸を注入することでフェイスラインを変えて小顔に見せる施術、ボトックス注射は食いしばりなどのクセによりできてしまったエラを弛緩させて小さくする施術です。原因の違いによって治療方法も使い分けられています。治療方法を決定するために事前のカウンセリングがあり、理想像や要望を細かく担当医に伝えるとそれに合わせて治療方法をいくつか挙げてくれます。その中から自分で自由に選ぶことができるため、施術後の満足度も申し分のないものになるでしょう。注射の治療は効果が永続しないので維持するためには通わなくてはなりませんが、おおがかりな治療ではないためエステ感覚で行けるのが人気となっています。美容外科で小顔矯正治療を受ける場合、費用は治療方法によってピンキリです。安価なものだと、注射による治療は1回あたりの施術で数千円から受けられます。一度の施術でだいたい半年から2、3年程度は効果が持続するといわれており、何度か通うことになるとしてもかかる費用は比較的に手軽です。また、途中で施術をやめたとしても副作用が出るなどの心配もほとんどないため、金銭面が苦しくなったら休止することも可能です。また、手術など10万円を超えるようなおおがかりな治療方法でもローンを組むことができるので、まとまったお金を用意しなくても治療を受けられるようになっています。事前カウンセリングで担当医に費用の相談をすれば、無理のないように施術のプランを立ててくれますので、希望がある人はあらかじめ伝えておくといいでしょう。しかしいい値段がするものはそのぶん質のいい施術にもつながります。予定していた金額より少し上乗せすることでさらにグレードアップした自分を手にできる可能性もあります。無理はしない程度に、さらに自分の美しさを追究してみるのもいいかもしれません。小顔矯正を受けるにあたり何に重きを置くかは患者自身ですので、担当医と深く話し合って理想の自分に変身しましょう。